初夏のビーチ、太陽、友人との集まり、そして楽しかった思い出を懐かしく思われていますか?その季節に国内の海岸へ行くと、アサリや貝類を簡単に見つけることができます。日本ではアサリやマテガイの漁が盛んで、様々な調理法で作られた料理が食卓に並びます。しかし今回は、アサリの酒蒸しではなく、「アサリとパスタのカジノ風」の作り方をご紹介します。

アサリのカジノ風はシーフードファンにとって伝説的な前菜メニューの1つとなっています。それをパスタと合わせてフュージョンにするとこの上ない美味しさとなります。レシピを見る前に重要な下準備は、アサリをよく洗うことです。これは、食べている最中に口の中で砂を噛むのを避けるための必須プロセスです。真水でアサリを洗ったら、容器に重ならないように広げます。その後トレイに塩水を入れて3時間置いたあと、水を切って流水のもとでアサリをブラシでこすります。そして調理する前に1時間ほど放置しておきます。アサリを美味しく食べるには時間をおく必要があり、缶詰のものではなくて生のアサリを使う場合はこのプロセスが欠かせません。

次に、調理に入る前にアサリのカジノ風の材料をすべて用意します。

  • アサリ 2ダース
  • スパゲティ 340 g(12 oz.)
  • 厚切りベーコンの細切り 2枚分
  • 黄色と赤のパプリカの細切り
  • にんにくのみじん切り 小さじ1
  • パン粉 ¼ カップ
  • オリーブ油 大さじ1
  • バター 大さじ1
  • パセリまたは三葉のみじん切り 大さじ1
  • おろしパルメザンチーズ ¼ カップ
  • 塩・胡椒 適宜
  • エシャロットのみじん切り 2個分
  • ドライベルモットまたは白ワイン ½ カップ
  • レモン 1個

作り方

  1. 鍋にたっぷりの湯を沸騰させて塩を少し加え、スパゲティを入れて指示通りに茹でます。記載時間より1、2分短めでも構いません。
  2. パスタを茹でている間に、深めのフライパンでベーコンの細切りを炒め、カリカリになったら取り出しておきます。これは最後にパスタの上に散らします。ベーコンとパスタは誰もが大好きな組み合わせです。フライパンに残ったベーコンの油でエシャロット、パプリカ、にんにく半量を炒めます。野菜を炒めながら、ベルモット(白ワイン)とレモン汁を加えます。その後すぐにアサリをフライパンに加え、ぴったり蓋をします。
  3. スパゲティの茹で時間に注意し、茹ったら湯を切ります。同時に、アサリがすべて口を開けたのを確かめてください。その後茹でたスパゲティをフライパンに加えて混ぜ合わせます。アサリとパスタのカジノ風がもうひと息で出来上がります。 
  4. 小さめのフライパンにバターを入れて残りのにんにく半量を炒め、パン粉を加えます。パン粉がきつね色になったら、パルメザンチーズ、レモンゼスト、パセリ(三葉)、炒めておいたベーコンを加えます。塩胡椒で味を調えたら、フライパンのアサリとパスタにそれらをトッピングします。

お好みの皿にアサリとパスタのカジノ風を盛り、温かいうちにお楽しみください。美味しいですよ!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *